ナビゲーション

社長メッセージ

社会とともに歩む「環境適応企業」を目指して

弊社が木材防腐加工メーカーとして誕生したのは1921年。かつて防腐木材の代表的な製品であった「枕木」や「電柱」は、国のインフラ整備を果たすものとして重責を担う分野であり、弊社の礎を築く上で大きな役割を果たした製品でした。しかし高度成長期の到来とともに、枕木や電柱等の工業製品が木製からコンクリート製へと変わっていきました。
そこで弊社では、防腐技術を生かして住宅用防腐木材土台を開発し、さらにこうした技術やノウハウを基礎として、現在では輸入木材流通、アウトドア用木材、軸組木造プレカット加工、2×4パネル加工、木材邸別流通などを手掛ける総合木材建築資材会社へと発展してまいりました。
時代とともに技術や価値観が激しく移り変わろうとも、弊社は常に、 変化に対応し社会とともに歩む「環境適応企業」を目指してまいりました。変化を恐れず変革を続け、未来を見つめていく企業でありたい。こうした弊社の想いとともに培ってきた木材供給・住宅供給システム、また木材保存システムが今日まで社会に必要とされ、時代とともに成長できましたことは、皆様方の温かなご支援のたまものにほかなりません。心より御礼申し上げます。
今後とも、より確かな「木材のスペシャリスト」となるべく総力を結集して一層の企業努力を続け、来る2021年の創業100周年に向けて、さらに皆様のご期待および社会全体の発展に寄与してまいりたいと存じます。

取締役社長

鈴木 龍一郎
社長写真